はたこうしろう絵本原画展『ゆき』

2018年12月7日〜18日

 

小さいお子さんをお連れのお客さまで、

絵本に親しんで欲しいけど、なかなか興味を持ってくれない

とおっしゃる方は少なくありません。

ページをめくると次々と絵が現れる絵本が面白い子もいるし

ポンポンはずむ、ボールの動きを追うのが面白い子もいます。

絵本が好きな子が賢くて、ボールが好きな子が幼いわけではないと思います。

ポンポンはねるボールを追いかけたことがある子は

絵本に描かれた、ポンポンはねるボールの面白さが感覚的にわかります。

なので、興味あることを存分に楽しんだらよいのでは、と思います。

絵本は感性を磨くものであることに疑いは持ちませんが、

実体験は、絵本をより深く感じ取れる感性を磨きます。

 

はたこうしろうさんの絵本を読むと、

「さあ、絵本をおいて外に飛び出そう!」と言いたくなります。

絵本屋なのに。

『なつのいちにち』を開くと、太陽の眩しさに目がくらみ、肌にささる暑さや

耳をつんざく蝉の声、うしごやの匂いだって、懐かしく思い出されます。

過去に体験して得た感覚が呼び覚まされます。

『どしゃぶり』の、雨と遊ぶ男の子。

ゲリラ豪雨級の大雨に、ぜひ、打たれて、とは申しません。

そこは、絵本で疑似体験するとして、

雨が降る前のにおい、傘を打つ音、雨粒が手のひらを叩きつける感触、

そういう感覚があると、絵本を開いた時に「わかるな〜」という感覚が得られますよね。

わかるって楽しいものです。

そして、絵本を読んで共感した体験が、急な雨に見舞われた時に

『どしゃぶり』の世界だ〜、と雨に関心を抱かせます。

そんな風に、絵本と実体験を行き来して、

お子たちの育ちに、絵本が寄り添えたら素敵じゃないかなぁと思います。

 

11月下旬に、新刊『ゆき』が出るときいて、飛びつきましたよ。

ドキドキしながら原画展をお願いしましたら、快くご承諾いただきました。

雪が降ったら、ぜひ、一緒に雪遊びしてください。

雪の冷たさを感じてください。

ブーツの足の指先がじわじわと冷えてくるでしょう。

十分、冷えたら、あったかいこたつで丸くなるましょう。

そうして、『ゆき』を開いて、「ゆき」の歌をくちずさんでみてください。

 

原画展開催は、12月18日まで、この機会にサイン本を手に入れてくださいね。