『スロバキアのともだち・はなとゆろ おるすばんのぼうけん』より

福井さとこ絵本原画展

スロバキアのともだち・はなとゆろ おるすばんのぼうけん

2018年7月6日〜17日 11:00~18:00 入場無料

 

お話会 7月8日(日)、14日(土)両日共14:00~

 

 

4歳くらいの頃です。家でひとりでおるすばんをしてました。

畳の部屋に寝っ転がっていると、ふと、ダンゴムシがいるのに気がつきました。

じーっと見ていると……ふいに、ダンゴムシが大きくなって、どんどん大きくなって、

うわ〜、家がふっとばされてしまう! あぶない、逃げろ!

とっさに思いついたのが、姉のいる幼稚園。

歩いて10分くらいはかかると思うんですけど、走って逃げ込みました。

「ダンゴムシがおうちをふっとばす!」

と言ったかどうかは忘れましたが、間もなく連絡を受けた母が迎えにきて

「すいません。この子は空想好きなもので、オホホ」なんて、やってたと思います。

ダンゴムシ事件は笑い話になりましたが、

空想じゃないのにな、でも、やっぱり空想なのかなと、ずっと思ってました。

ところが、最近「不思議の国のアリス症候群」という症状があるのを知り、

モノの大小が実際と違って見えたり、人の顔が歪んで見えたりという、

不思議な症状があるそうです。

多くは幼児期の一過性のものだそうですが、ああ、きっと、これだわ。

今度から、「私、こどもの頃、アリスだったの」って言おうと思います。

 

それはさておき、おるすばんって楽しいでしょ。空想し放題!

カーテンを体に巻きつけてドレスとかやったり、変な踊りをおどったり、

『スロバキアのともだち・はなとゆろ おるすばんのぼうけん』を開くと、

そんなワクワクを思い出し、心はこどもの頃に飛んで行きました。

 

福井さとこ 作  JULA出版局

 

布や棒切れでまほうをかけたり、テントウムシの背に乗って飛んだり、

空想で、何でも出来る。何にでもなれるし、どこにでも行ける。

スロバキアの呪文や名前にまつわる風習、童謡が盛り込まれた楽しいお話です。

スロバキアの人にとっては、当たり前の日常かもしれませんが、

日本の大人には、どこか懐かしい。お子たちには新鮮かも。

作者の福井さとこさんは、日本の美大を卒業後、

スロバキアを代表する版画家ドュシャン・カーライ氏に師事。

スロバキアのブラチスラバ芸術大学でカーライ氏のもと、版画を習得されました。

木版画のざっくりした線や色のかすれ、素朴な色調が、

スロバキアのお子たちの、のびやかな感性を思わせます。

本作は、ブラチスラバ芸術大学大学院卒業の卒業制作作品で、

福井さとこさんの絵本出版デビュー作になりますが、

2018年度、スロバキアの最も美しい絵本賞(学生部門)受賞されています。

今後の作品も楽しみな絵本作家さんのひとりですね。

美しい原画やスロバキアで制作された版画作品を、ぜひ、ご覧ください。

 

JUGEMテーマ:絵本作家原画展

コメント
コメントする